他社との違い

不動産コンサルティング企業です

一般の不動産業者の場合、自社でお金を出して物件を買い取るため、買取の判断が厳しくなり、判断も遅くなりがちです。

一方弊社は「不動産業者」とは異なり、不動産コンサルティングを中核事業とし、お客さま(個人や法人の投資家)に有料のコンサルティングサービスを提供しております。そして、不動産を買いたいという弊社のお客さまに、皆様から買い取りした物件をご紹介していきます。

弊社のコンサルティングサービス料金は、6ヶ月で数十万から数百万に及びますが、それでも年間100名以上の方々が登録されており、「本気度が高く、購入意欲の高い」、つまり「買いたくて買いたくて仕方がない」という投資家を多数抱えております。そこで弊社は、少しでも多くの物件を積極的に買い進めるため、1営業日以内に査定結果を提示させていただいております。(単なる仲介を行う業者とは購買意欲が違います。)

また、一般的な不動産業者とのビジネスモデルの違いを生かし、相場に近い買取価格を提示させていただくことで、より多くの物件を買い取り、お客様に紹介していきたいとも考えております。

大量の在庫を抱えていません

大半の「普通の不動産業者」は、物件を買い取って、他の方へ転売することで利益を出しています。例えば、あなたから500万円で買い取った物件を、700万円転売します。この差額200万円が、通常の不動産業者の利益になります。

もし、あなたの不動産をより「安く」査定して買うことができれば、それだけ利益も増やせます。400万円で買い取ることができれば、利益は300万円になります。また、300万円で買い叩くことができれば、利益は400万円になります。

しかも、不動産業者は売却先が決まっていない状態で買い取るため、大量の在庫を抱えがちです。ですから「確実に売りさばく」ためにも、安く買い叩く傾向があります。