2021年10月27日

不動産売却の依頼先はどこがいい?大手・地域密着、仲介・買取の違い

土地やマンションや一戸建てといった住宅の売却を検討している人の中には、売却のサポートを依頼する不動産仲介会社の選び方が分からず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

媒介契約を締結した不動産業者によって強みが異なり、売却結果にも差が生じるため、不動産売却を成功に導くには、業者選びをしっかり行うことが重要です。

この記事では、大手不動産会社と地域密着型不動産会社、不動産仲介業者と不動産買取業者の特徴について解説します。不動産売却を検討している人は参考にしてください。

不動産売却の依頼先:大手不動産会社

不動産を売却する際は、自分で買い手を探すことは困難なので不動産会社に相談します。

しかし、不動産会社は、大きく大手不動産会社と地域密着型不動産会社の大きく2つに分かれており、相談先としてどちらが適しているのか分からず、悩んでいる人も多いと思います。

不動産売却を成功させるには最適な相談先を選択することが必要不可欠なので、大手不動産会社と地域密着型不動産会社の違いを事前に把握しておくことが大切です。

大手不動産会社のメリット・デメリットは以下の通りです。

・サービスが充実している
・ブランド力の高さで早期成約が期待できる
・マニュアル通りの対応になりやすい

それぞれのメリット・デメリットを詳しく説明していきます。

 

●【メリット】サービスが充実している

大手不動産会社は、売却を有利に進められる独自のサービスを提供しているケースが多いです。

例えば、以下のような独自のサービスを提供している可能性があります。

・ハウスクリーニングや修繕対応をしてくれる
・インスペクション(建物診断)が受けられる
・契約不適合責任の補償を受けられる
・期限までに売却できなければ買取保証が適用される

各不動産会社によってサービスの内容は異なる、必ずサービスを提供しているとは限らないため、事前に違いを比較することが必要です。

自分の状況に合ったサービスを利用できれば、より好条件での売却が期待できるでしょう。

●【メリット】ブランド力の高さで早期成約が期待できる

ブランド力の高さは営業力の高さと同じです。

知名度の低い不動産会社の場合、売却結果は担当者(営業マン)の力量の影響を大きく受けますが、大手不動産会社の場合、担当者の力量が不足していても知名度でカバーできます。

大手というだけで利用者が安心感を抱く、問い合わせが地元不動産会社より増えるため、早期成約に至りやすいでしょう。

●【デメリット】マニュアル通りの対応になりやすい

大手不動産会社はマニュアルが整備されており、マニュアル通りの対応になりがちです。そのため、顧客や物件に応じた個別の対応を期待しにくい点がデメリットとして挙げられます。

また、買主と売主を1つの不動産会社が仲介する囲い込みが発生しやすい、地方や特定エリアに弱い傾向があるので注意が必要です。

大手だから安心というわけではないので、実際に利用した人の口コミをチェックするなどメリットとデメリットの両方を踏まえつつ総合的に判断しましょう。

不動産売却の依頼先:地域密着型不動産会社

地域密着型不動産会社のメリット・デメリットは以下の通りです。

・情報網を活かした販売戦略が期待できる
・柔軟な対応をしてくれる
・ブランド力という点で大手にかなわない

それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

●【メリット】情報網を活かした販売戦略が期待できる

特定地域に特化しているので情報量が豊富という点が地域密着型不動産会社のポイントです。

大手不動産会社の場合には、比較的立地条件の良い土地や一戸建て、マンションなどは好条件での売却が期待できます。

しかし、立地条件があまり良くない販売に工夫が求められるような不動産の売却は得意でないケースが多いです。

一方、中小不動産会社の場合には、地域のネットワークを活かした販売戦略により好条件での売却が期待できるでしょう。

●【メリット】柔軟な対応をしてくれる

地域密着型不動産会社は、マニュアル通りの対応ではなく顧客や物件に合わせて柔軟に対応してくれるケースが多いです。

大手不動産会社が敬遠しがちな訳あり物件にも対応してくれることもあります。

販売が難しい物件でも、誠実に対応してくれるケースが多い点が地域密着型不動産会社の魅力です。

●【デメリット】ブランド力という点で大手にかなわない

地域密着型不動産会社は大手不動産会社のように広告費用が十分ではないため、知名度という点で大手に負けてしまいます。

そのため、営業力では大手にかないません。

購入希望者が限られるおそれがあり、査定額(査定価格)が大手と比べて低くなる可能性もあります。

無料査定の一括査定サイトを利用し、複数社の査定結果を比較しながら少しでも好条件で不動産を売却してくれるところを探しましょう。

不動産仲介業者と不動産買取業者の違い

不動産会社の分類方法は、不動産会社の規模で分類するという方法だけではありません。

不動産仲介業者と不動産買取業者の契約形式(売却方法)の違いで分類するという方法もあります。

不動産仲介業者と不動産買取業者の違いを詳しく紹介していきます。

●不動産仲介業者とは

不動産仲介業者とは、不動産会社が買主と売主を仲介する契約形式です。

市場相場に近い価格での売却が期待できる一方、不動産会社の営業力の差により売却結果が大きく左右される点に注意してください。

売買契約の成約時には、仲介手数料(売却価額が400万超であれば「売却価額×3%+6万円+消費税」の範囲内)を支払う必要があります。

4,000万円で不動産が売れて、仲介手数料が上限に設定されているケースでは、138万6,000円の手数料を不動産会社に納めなくてはなりません。

不動産仲介業者に仲介を依頼する際は、査定結果だけでなく、担当者との相性、過去の売却実績、仲介手数料の金額などから総合的に判断しましょう。

●不動産買取業者とは

不動産買取業者は、仲介業者のように買主と売主を仲介するのではなく、自らが買主となります。

不動産買取業者が売主の不動産を買い取ってくれるので、売主と買主の双方が条件に合意すればすぐ成約するため、売買にかかる時間を大幅に短縮できます。

また、仲介という契約形式ではないため、仲介手数料がかかりません。

そのため、速やかに現金化したい、無駄な支出を抑えたい人におすすめですが、買取価格が仲介と比べて低くなる点に注意が必要です。

ソクガイ.jpは、共有持分や訳あり物件の買い取りにも対応している不動産買取業者です。

相場と比べて買取価格が低くなりがちな不動産買取において、相場に近い買取価格を実現しています。

不動産を少しでも高く買い取って欲しいと考えている人はソクガイ.jpに相談してみてはいかがでしょうか?

全国どこでも無料査定!

売却相談はこちらから

 

不動産会社選びが売買結果を左右する

不動産の売却をサポートしてくれる不動産会社は数多くあるため、どこに依頼しても結果は変わらないと考えている人も多いと思います。

しかし、不動産会社によってメリット・デメリットが異なり、売却結果にもその差が現れてくるため、相談先を厳選することが不動産売却を成功へと導く上で不可欠です。

大手不動産会社、地域密着型不動産会社という規模の違いだけでなく、仲介業者、買取業者という契約形態による違いもあります。

何が違うのか、自分の所有している不動産はどこに依頼するのが良いのかよく考えてから依頼しましょう。

関連記事

マンション売却家・戸建売却不動産売却契約・手続き

離婚時の家の財産分与は大変?財産分与の方法と注意点を解説

夫婦が離婚するときの財産分与は、金銭のほか持ち家についても分与の…続きを読む
家・戸建売却不動産売却

マイホームの購入後によくある後悔│持ち続ける以外の選択肢は?

新築一戸建て、新築マンションなどの新築物件、中古一戸建て、中古マ…続きを読む
不動産売却

売却前の地盤調査は必要?地盤の強度を調べるメリット・デメリット

空き地(更地)や中古一戸建てなどの住宅の売却を検討している人の中…続きを読む


PageTop